不動産を定価で買うなんて、馬鹿げている

人生のうちで、一番高い買い物をする際に、ほとんどの方が価格交をしていません。

 

ほとんどの方が、不動産会社の言い値(定価)で買い求めています。

 

もちろん、不動産の価格というのは、その時の景気動向や売り手側の事情・買い手側の事情がからみますので、値引き交渉したからといって100%値引きが保証されるものではありません。

 

言ってしまえば、バブル期のように不動産が飛ぶように売れた時代とか、超人気物件で、即日完売するようなマンションでしたら、値引き交渉はしても無駄な可能性もあります。

 

しかし、現代のように不動産が売りにくい時代であるとか、超人気物件ではない普通の物件は、充分に値引き受渉の余地があります。

 

不人気物件ならば、なおさらです。また、人気物件でも、タイミングや交渉のやり方によっては、値引き交渉や諸費用負担の交渉など、可能性はあります。

 

実際に、不動産会社に値引き交渉してくるのは、ほとんどが不動産を何回も売り買いしている人です。

 

それは、不動産会社であったり、投資家です。

 

彼らは、不動産の売買に慣れており、何回も売り買いしています。そのため、不動産の売買において、指値が当然だということを熟知しており、当然のように指値を入れてくるのです。

 

しかし、一般消費者のほとんどの方は、値引き交渉なんて思いつきもしないのだと思います。

 

web検索で、「不動産値引き」で検索しても、ろくな情報が上がってきません。

 

ときどき、知恵袋系の質問サイトで、「新築マンションの値引き交渉は、できるのですか?」という感じの質問が上がりますが、「あなたは、八百屋きんで大根や白莱を買う時に、値段を負けてくださいと言いますか。

 

それと同じです。マンションの値引き交渉なんかできませんという回答が載っており、苦笑します。

 

質問者ばかりでなく、回答者も情報がなくて、わからないのでしょう。

 

わからないので、頓珍漢な回答になるのだと思われます。

 

何回も繰り返しますが、マンションの値引き表渉は可能です。

 

ディベロッパl(マンション販売業者)や不動産によっては、結果的に値引きに応じないこともありますが、それでもやってみるべきなのです。

 

宝くじでも、買わなければ当たりません。マンションの値引き交渉は、宝くじよりは遥かに高い確率で実現できることなのですから、やってみない手はありません。

 

仮に、4000万円の不動産について、5%の値引き交渉に成功した場合だけでも、目の前のお金で200万円も得をすることになります。

 

マンション価格4000万円に比べれば、たいしたことのない額かもしれませんが、200万円といえば、結構良い新車が買える値段です。値引き交渉するかしないかで、新車1台分の差がついてしまうのです。

 

しかも、200万円の値引きは、200万円の得に留まりません。ローンを組めば、ローン金利がつきます。

 

仮に、住宅ロlンでお年返済を選び、年利2%だった場合、200万円は総支払額で約278万2607円(利息約花万2607円)となります。花万2607円といえば、家族で海外旅行に行くことだって可能な額です。

 

結果、5%の値引き交渉に成功した場合と、最初から何もやらなかった場合では、結構良い新車1台と海外家族旅行を、逃したことに他なりません。

 

なんて、もったいない:::。

 

不動産によっては、5%どころではなく、叩%や市%の値引き変渉も可能なわけですから、いくら知らなかったからといって、値引き交渉もせずに不動産の売買契約を締結するのは、本当に損なことです。

 

知識・情報のある人聞から見れば、不動産を定価で買うなんて、馬鹿げた話です。

 

値引き交渉しないなんて、興味を持った異性に声もかけずに最初から諦めているような状態ですから、話になりません。

 

最終的に、人気物件で値引きに応じてもらえなかったとか、売主が強気で話にならなかったとか、失敗することはありえます。

 

しかし、まずラブレターを渡さなければ、自分の気持ちが伝わることはありませんし、恋愛に発展することはないでしょう。

 

それと同じで、値引き交渉しなければ、値引きされる可能性はO%なのであり、まずはやってみるべきなのです。

 

この本を読んだ皆さんは、本書に記載されている内容を良く理解してスキルと知識を自分のものにして、果敢にチャレンジしてみてください。